原創翻譯:龍騰網 http://www.fcxrms.live 翻譯:雨晴様 轉載請注明出處
論壇地址:http://www.fcxrms.live/bbs/thread-486949-1-1.html



今では中國は世界2位の経済大國として大きな存在感を見せているが、少し前までは「人口だけはものすごく多い発展途上國」という印象を持っていた人も少なくないだろう。2000年代初頭の頃までは、ネットもマスコミも、中國を日本の“一段下”に見る風潮があった。では、當時の中國の実態はどんなものだったのか。2005年に中國・遼寧省の大連を取材したネットニュース編集者の中川淳一郎氏が當時の様子を振り返る。
* * *

現在中國作為世界第二大經濟大國有著相當的存在感,但恐怕不少人在不久之前對這個國家的印象還是“只有人口非常多的發展中國家”吧
在兩千年代初期的時候不論是網上也好還是媒體也好,都有過一陣把中國當作日本的下位國來看的風潮
那么當時中國真正的樣態究竟是什么樣的?
在2005年去過中國遼寧大連取材的網絡新聞記者中川淳一郎回憶了當時的樣子





この時は、PCメーカー・日本HPのコールセンターが大連にできたため、その取材に行ったのです。當時はDELLも大連にコールセンターを作り、増える日本のパソコン需要に応えようとしていました。

那個時候我是因電腦制造商日本惠普的呼叫中心在大連設立,采訪而去的
當時戴爾也在大連設立了呼叫中心,來滿足日益增長的日本對電腦的需要


元々中國といえば、格闘ゲーム『ストリートファイターII』に出てくる風景のように、自転車がそこらへんを行き交っているというイメージがありました。或いは橫並びになった自転車が大量に走りだしたり……。しかし、行ってみると案外歐州車は多いですし、日本車も多い。自転車だらけということもありませんでした。

本來一提起中國,印象就是像格斗游戲街頭2里出現的那種自行車在街頭到處跑的印象
或是大量的自行車并排地跑著… …但實際去過之后很意外地發現有很多歐洲汽車,而且日本汽車也多
并沒有滿街都是自行車的景象


當時、日本HPは人件費の安さと中國人労働者の優秀さから大連を選んだと言っていました。また、ITと中國語というこれから伸びる分野を學びたいと考える社員も獲得したいという意向があり、その実態を私は取材させてもらったのです。実際、當地を案內してくれた中國人の社員は実に丁寧で日本語も上手でした。そして、當地で働く日本人も、向學心を持った人々ばかりでした。
唯一トイレで感じた「まだまだ発展途上なんだな…」

當時日本惠普說是因人工成本便宜和中國勞動者的優秀而選擇大連
加之也能收獲想要學習IT與中文這兩項能在今后發展領域的社員
而我采訪了當時的實況
其實當時給我們當向導的中國人社員,真的是很有禮貌而且日語也很好
在當地工作的日本人也都是擁有著向學心的人們
唯一在廁所所感受到的「還是發展中的國家啊…」





実際にHPのコールセンターの取材をしてみると、中國人従業員は日本語が堪能で、仕事場でも各人の機にはパーテーションがあり、PCと電話も各自ついている。私がかつて働いていた會社では、パーテーションがなく、さらには亂雑過ぎる機の人も多かっただけに、これだけでも「中國のオフィス、すげー!」と思いました。しかも、昨今のアメリカのIT企業に見られるように、広大なカフェテリアのビュッフェ方式で好きなだけ食事を摂ることができるのです。宿泊したホテルも5つ星のシャングリラホテルですから、快適そのもの。

實地地對惠普的呼叫中心進行采訪過后,發現中國從業員的日語都很棒,辦公場所每個人的桌子上也都有分區,每人也有自己的電腦和電話
我過去工作過的公司,桌子沒有分區還加上很多人的桌子都特別地雜亂,光是這點也夠我覺得“中國職人,好棒!”
而且有近來美國IT企業中也能看到的,那種在寬敞的自助食堂里站立式地能夠只取食自己喜歡吃的食物的食堂。
住的酒店也是五星級的香格里拉酒店,特別舒適


外食も初日の高級羊鍋店は、橫浜の中華街の高級店に行ったような感じで、清潔感もありました。ただ、翌日の飲み會で行った、地元の人しか來ない羊の串の店は若干様相が異なっていました。この時の様子を、當時一緒に行った雑誌『テレビブロス』の木下拓海編集者は次のように振り返っています

在外的餐食:第一天用餐的是高級羊肉火鍋店,像去了橫濱中華街里的高級料理店一樣的感覺、有清潔之感。只不過第二天的酒會,去的是只有當地人才會到的羊肉串店,情況就有些不同了
一同去的雜志《TV Bros》編輯者木下拓海回憶了當時的情形


〈木下 ちなみにその店のトイレは穴掘っただけのやつで、しかもその穴から山盛りになったウンコがはみ出してるんです。全人生で見たどのトイレよりも汚かった。その穴の周囲には鶏のケージが大量においてあったんですが、大酒飲み対決が終わった直後、中川さんがフラーっとトイレのほうに行ったと思ったら、トイレの方向から急に「バターン!」って大きな音と「コケコケッ!」っていう鶏の聲が聞こえてきたんです。「まさか!」と思って見に行ったら、崩れたケージの山の中に、鳥フンと羽毛と人糞だらけになった中川さんが大の字になってぶっ倒れていたんです。〉
この時のトイレだけが、大連で感じた「あぁ、まだ発展途上なんだな……」という瞬間でした。

木下:“順便說句那個店的廁所就只是挖了個坑,還從里面露出了堆積如山的大便。比這輩子所見過的任何一個廁所都要臟,洞旁邊還放著大量的雞籠子,酒量過大的拼酒會過后,中村呼啦地一下奔向廁所,卻從廁所那里突然傳來“砰”地一聲和雞在“咯咯咯”的叫聲。”
心想著‘不會吧’一邊跑去看,中川大字型地倒在了崩倒的雞籠中、混著雞屎羽毛和大便
就僅僅是這個廁所,讓我在大連感到了‘啊還是發展中國家’的瞬間





窓口擔當者の「大丈夫」という言葉を信じたためにこうなってしまった……。次の列車に乗るための券に変更してもらおうとしたのですが、最初の窓口では「完全に新しいものを買え。これがルールだ」と譲らない。頭が固い人だと思い、別の窓口に行き「お前のところの従業員のせいでこうなった」と文句を言ったところ半額で次のチケットを売ってやる、と言う。これにも不満は大ありですが、前の窓口との落差には感謝し、この條件でチケットを買い、無事乗車できました。

相信了窗口售票員的‘沒關系’的話最后卻變成了這樣子… …
于是想要換成下一班列車的票,但最初的那個窗口工作人員卻說“要買新票,規矩如此。”一點都不讓步
覺得他腦袋有點頑固走去別的窗口,抱怨說“都是因為你們這的工作人員才變成這樣。”一說完人家就半價地賣票給我
雖然我還是很不滿意,但感謝這個窗口與之前的待遇落差,我能夠以半價買到票順利地乘車


同行の日本人男性が「いくら中國が発展しようが、無形のサービスの部分でまだまだだね」と言っていたのが印象的です。しかし、だからといって過度に十數年前の中國を見下す必要はなかったと思っています。あの時に大連に行った身からすると「あの時、中國をバカにしていた日本人、ゴーマン過ぎませんでしたか?」と思います。

同行的日本人男性說“中國就是再怎么發展,這無形的服務還是不夠啊。”可即便如此我們也沒必要過去十數年地輕視他們吧
作為當年去過大連的我來說:“過往輕視中國的日本人,不是太過傲慢了嗎?”